破産宣告の費用.com

破産宣告から免責への流れは?

破産宣告をするとすべての借金がゼロになると思っている人もいますが、実はどうではないといいます。
破産宣告をするというのは、借金を返済する能力がないということを宣告しているだけ、ということです。つまり、返済能力がないということを裁判所を通じて伝えているだけなのです。
借金をゼロにするためには、免責の手続きを行う必要があります。裁判所によって免責の許可が得られない場合は破産者の借金は免除されることがないということになります。
破産宣告をしただけでは借金の支払いの義務はまだ残っています。なので、裁判所でもらった書類を提出して債務者に送るだけではだめなのです。免責の手続きを行い、しっかりとすべての種類を提出し債務者へ伝えることが出来てはじめて借金をゼロにすることができるのです。
免責の申し立ては大抵が認められやすいと言われていますが、そう簡単ではないということです。過去10年以内に免責を受けていた場合や、申し立て人が財産を隠していたり財産の価値を減少させたりしている場合などは受けることができないこともあります。
また、保証人がいる場合でも自己破産をすることは可能だということです。ですが、保証人というのはつまり連帯保証人という意味になるのが現在の契約の主流なので、借り主が自己破産をした場合には著しい事情の変化ということで、金融業者は保証人に一括回収の手続きを行う場合もあります。このような場合は、保証人にも同時に自己破産をしてもらわなければいけなくなることもあるというので、必ず保証人にも伝えておくことです。