破産宣告の費用.com

破産宣告をすると官報に載る?影響は?

返済不能の債務を抱えた人の最後の手段が、自己破産です。
自己破産とは、今の自分の持っている財産をもってしても返済不可能であると破産宣告します。
破産宣告をした後、裁判所で自己破産が認められれば債務が免責されます。
今まで抱えていた債務の返済から解放されて、債務に苦しんでいた人には大きなメリットです。
しかし、破産宣告すると官報に記載されてしまいます。
官報とは、あまり聞きなれない言葉ですが政府が発行する重要な刊行物です。
この官報は、毎日発行されます。
この官報に自己破産したら、氏名や住所などが記載されます。
官報は、誰でも見る事は出来ますが一般的に普通の人が官報を見る事はありません。
その為、官報に記載されるから自己破産した事を他の人に知られるとは限りません。
但し、誰でも見る事が出来る以上誰かに知られるかもしれないという覚悟は必要です。
また、個人信用情報にも記載されますので、クレジットカードの利用や新たな借入が、一定の期間は出来なくなります。
マイホームや高額な財産を持っている人は、没収されてしまいますから、次の住まいを探す必要があります。
しかし、返済不能な債務を抱えてどうしょうもない場合には自己破産という選択もあります。
自己破産は、素人では手続きも難しいので司法書士や弁護士に相談して手続きをしてもらった方がいいです。
自己破産は、債務の理由などによっては出来ない場合もありますので専門家への相談が必要です。