破産宣告の費用.com

破産宣告の費用.com

破産宣告は、弁護士に依頼しておこなうのが一般的です。
しかし弁護士に依頼してしまうと、多額の費用が必要になります。
相場としては50万円前後ですから、借金を背負ってなくても高額な費用といえるでしょう。
破産宣告で必要になる弁護士費用は、全ての手続きが終了した後に分割で支払うのが一般的です。
ですから、借金が全てなくなった後に分割で少しずつ支払っていくなら、大きな負担にならないと考えられるかもしれません。
しかし、自己破産をすると残すことができるのは、わずかな資産と現金のみです。
それらを使って生活をしていく必要があるので、分割で弁護士費用を支払っていくとなると、楽になることはないでしょう。
弁護士に頼んで自己破産をしても、苦労する可能性もあるのです。
費用を抑えて破産宣告をするなら、まず法テラスに相談をしましょう。
法テラスなら無料で相談をできるので、相談料を抑えることができます。
しかし法テラスに相談をしても、破産宣告をしてくれるわけではありません。
あくまでも法テラスは、破産宣告についての相談を受けるだけです。
法テラスに相談して破産宣告について理解したら、自分で手続きをしてください。
複雑で面倒な手続きを全て自分でする必要はありますが、弁護士に頼むよりも費用を抑えられます。
破産宣告を自分ですると、費用はわずか2万5千円ほどにしかなりません。
この金額なら、自己破産をした後の生活に影響を残すこともないでしょう。

 

ついつい借金をしてしまい、返済が困難になってしまった場合、あなたはどうするでしょうか。このような時は、まず借入先に連絡して、返済計画を見直してもらうといいでしょう。しかし、やっぱり返済が難しい場合は、債務整理をするのがお勧めです。この場合、多くは任意整理か、破産宣告による自己破産となります。ある程度お金がある場合は、数年以内で分割返済を行う任意整理、お金が無い、しかも売却する家や車もなく、返済が不可能な時は自己破産がお勧めです。いずれも弁護士または司法書士に依頼して行うものですが、この場合費用がどの位かかるかで悩む人もいるでしょう。
それぞれの事務所にもよりますが、着手金と報酬を合わせて、任意整理が20万円から25万円、自己破産の場合は25万円から30万円というのが一般的です。弁護士の場合は特に、相談料が30分につき5000円必要になります。しかし債務整理、特に自己破産は通常お金のない状況で行うわけですから、それを出すだけでも大変ということもあります。そのような場合には、破産宣告後に分割で支払うことも可能ですし、債務整理の場合、弁護士や司法書士の中には、着手金を受け取らない人もいます。
それ以外にも、法テラスを利用すると、収入や資産が一定額以下の人の場合は、弁護士や司法書士の費用を立て替えてもらうこともできます。もちろんこの場合の費用立て替えは、一時的なものですので、これも破産宣告後で分割で返済することになります。